【圧力鍋レシピ】鶏胸肉で基本のゆで鶏のレシピ

今回は圧力鍋を使った時短レシピ

基本のゆで鶏を作っていきます(*’ω’*)

鶏胸肉はヘルシー&お財布にも優しい食材なので我が家ではよく使う食材。

そんな鶏胸肉はゆで鶏にすれば、アレンジ次第で様々な料理にも使えてとても便利です(*´ω`*)

圧力鍋で基本のゆで鶏のレシピ

<材料>

鶏胸肉・・・2枚

砂糖・・・(鶏胸肉1枚に対し)大さじ1

塩・・・(鶏胸肉1枚に対して)小さじ1

※胡椒やマジックソルトなどお好みで使ってください。

圧力鍋で基本のゆで鶏の作り方

①鶏胸肉の皮を取り除き、砂糖→塩の順に揉み込み密封できる袋に入れ冷蔵庫で一晩置きます。

※砂糖は水分を閉じ込める効果、塩は鶏胸肉を柔らかくしてくれる効果があると知ってから鶏胸肉を扱う料理には下ごしらえでやるようにしています。

密封できる袋がない時はボールでもいいです。一晩も待っていられない場合には30分ほど置いてから使うようにしています。

②圧力鍋に鶏胸肉を入れ、鶏胸肉が浸るくらいの水をいれます。

今回はいれませんでしたが、長ネギの青い部分や生姜を入れると鶏の臭みが気にならなくなります。

剥がした鶏皮からも出汁が出るので、お好みで入れる場合は鶏胸肉の上に被せるようにしていれてください。

③中火に火にかけ圧力をかけます。

圧力がかかったら弱火にし低圧で6分加圧します。6分たったら火を消し自然冷却させます。

火を止めて1時間ほど経ったので蓋を開けてみました。(開けるときは圧力が下がっているのを確認して開けてくださいね。)

鶏の出汁がたっぷり滲み出たスープと、ゆで鶏が出来上がりました。

1時間たってもかなり熱いので注意してくださいね。

大丈夫だとは思いますが確認で切ってみました。ちゃんと中まで火が通っています。

熱いままでもOKですが、私は鶏胸肉を取り出しラップで包んで冷蔵庫で冷やしていただくことが多いです。

今回作ったゆで鶏は、冷蔵庫で冷やしてからスライスし、細切りのキュウリを添えて簡単に棒棒鶏にしました(*´ω`*)

タレは簡単に胡麻ドレッシングで代用すれば楽チンですよ♪

さいごに

圧力鍋を使えば簡単にしっとり柔らかなゆで鶏が作れますよ(*’ω’*)!

鶏の出汁がたっぷり滲み出た茹で汁はスープにもぴったり♡

ゆで鶏はスライスや、ほぐしたりすれば様々な料理にも活用できるのでとても便利なのでぜひお試しください(*⁰▿⁰*)

【簡単レシピ】ゆで鶏でとれた茹で汁を使った簡単スープのレシピ
基本のゆで鶏のレシピで取れた、 茹で汁を使って簡単スープを作っていきます(*'ω'*)! 茹で汁は鶏の旨味がたっぷり滲み...
【アレンジレシピ】ゆで鶏ときゅうりの中華風サラダレシピ
基本のゆで鶏を使って、さっぱり食べれる簡単サラダ。 ゆで鶏ときゅうりの中華風サラダのレシピをご紹介していきます。 いつで...
【アレンジレシピ】簡単‼︎海南鶏飯
ゆで鶏を使ったアレンジレシピ。 簡単‼︎海南鶏飯のレシピをご紹介です。 多めにゆで鶏を仕込んだときには、必ず作る海南鶏飯...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする