材料3つで簡単に!焼きプリンのレシピ

牛乳・卵・砂糖の3つの材料があれば作れちゃうプリン。とろ〜りプリンより固めのプリンが好きで、なにより焼きプリンが大好きなひまうさです(*⁰▿⁰*)!

今回は、牛乳が余った時にも活用できる焼きプリンレシピをご紹介します!

焼きプリンのレシピ

<材料>

牛乳・・・600cc

卵・・・4個

砂糖・・・大さじ6

バニラエッセンス・・・数滴

(カラメルソース)

砂糖・・・大さじ5

水・・・大さじ1

お湯・・・大さじ2

今回は牛乳600ccで作りましたが、この焼きプリンのレシピは、卵1個分に対して必要な牛乳は150cc、砂糖大さじ1.5です。なので牛乳300cc使うなら、卵2個、砂糖大さじ3というように、作りたい分量で作れるので参考にしてみてください(*⁰▿⁰*)

焼きプリンの作り方

先にカラメルソースを作っていきます。

厚手の小鍋に砂糖と水を入れ火にかけます。カラメルソースを作るときは混ぜるのは禁止!鍋を時々ゆすりながら色が変わるのを待ちます。沸騰すると部分的に少し色が付いてきます。

時々鍋をゆすりながら好みの色になるまで待ちます。

好みのカラメルソースの色になったら、火を止めお湯を入れ鍋をゆすりながら混ぜたらカラメルソースの完成です!我が家は子供も食べるのでこのくらいの色で作ります(*´ω`*)ほろ苦いカラメルソースが好みならもう少し色をつけるといいです。

熱いうちにプリンを入れる耐熱容器に分けて入れていきます。

オーブンを160℃に余熱します。

次はプリン液を作ります。

ボールに卵を割り泡立て器で白身を切るように溶きほぐします。この時に出来るだけ泡立てないようにしましょう。

鍋に牛乳と砂糖を入れ、ゆっくりかき混ぜながら中火で温めていきます。砂糖が溶けて牛乳が沸騰直前になったら火を止めます。

卵の入っているボールに、温めた牛乳を少しずつ入れよく混ぜ合わせます。

バニラエッセンスを数滴入れ、よく混ぜ合わせます。

目の細かいザルや茶漉しなどでプリン液を漉していきます。プリン液が熱いので気をつけてください。

茶漉しで濾しながらプリンを入れる耐熱容器に直接入れても大丈夫です。

私は一度新しいボールの中にプリン液を濾していきます。

濾した後に浮いている気泡が気になるので網ですくって取り除きます。

ここは省いても大丈夫です。

おたまなどでプリン液を耐熱容器に入れていきます。残ってしまった気泡を爪楊枝で潰したり、スプーンで取り除きます。

天板にプリンの入った耐熱容器を並べ、天板にお湯を張り160℃に余熱したオーブンで30〜35分焼いていきます。

焼けたら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしたら完成です(*´ω`*)!

新しいオーブンのクセがまだ分からずやったので、案の定プリンに『す』(空気の穴)が入っていました(´・ω・`)

『す』が入る原因は温度。

前のオーブンだと170℃でやっても大丈夫だったので新しいオーブンでも170℃でやったら『す』が入ってしまったのでレシピにはオーブンの温度を160℃に変更しました。

卵、牛乳、砂糖があればできちゃう焼きプリン。作ってみると本当に簡単にできるのでぜひお試しください(*⁰▿⁰*)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする