妊娠中でもディズニーランドを楽しみたい!ゲストアシスタントカードについて調べる

こんにちは、ひまうさです。

今週の金曜から両親、妹、息子、次男夫婦とディズニー旅行に行ってきます!

今回は初めてのディズニーランドホテルに宿泊出来るのですごく楽しみ♪

今回は、2歳半の息子に加え、義妹が妊娠6ヶ月ということもありゲストアシスタンスカードというものを使用しながらディズニーを楽しむ予定です。

ゲストアシスタンスカードって何?

ゲストアシスタンスカードとはどういったものなのかは以下の通りです。

ゲストアシスタンスカードは、疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。
カードには利用される方のお名前とグループ人数、その方に合わせたお手伝いの内容(ベビーカーのままご案内/ご希望の席にご案内/スピーカーの近くにご案内/待ち時間経過後にご案内)が記載されます。

怪我や体の不自由な方以外にも、対象者には高齢者や妊婦さんも発行してもらえます。今回、ゲストアシスタンスカードを発行を考えている理由として妊娠中の義妹が同伴するから。妊娠中の時の長時間の立ちっぱなしは結構な負担がかかります。なのでこういったサービスがあるのはとてもありがたいですね。

ゲストアシスタンスカードの使い方

ゲストアシスタンスカードの使い方はとてもシンプル。

対象施設のエントランスにいるキャストにゲストアシスタンスカードを提示するだけ!

カードにはアトラクション名、キャスト名、利用時間が記入する箇所があるのでカードを提示するとキャストが記入してくれます。書き終わるとキャストから「利用時間になったらアトラクションの受付にきてください」と言われるので記入された利用時間後にいけば案内してくれる仕組みになっています。

ゲストアシスタンスカードを使用する際の注意点

列に並ばないで、違う場所待つことが出来るのはカード発行対象者としては本当に助かりますね。その際に注意しなければならないことがあるのでよく覚えておきましょう!

重複して使うことはできない。

ゲストアシスタンスカードを使用し、1つのアトラクションの待ち時間を待機中の場合、他のアトラクションではゲストアシスタンスカードを使うことができません。

あくまで、自分たちの代わりにカードが並んでくれている。と考えてください。

なので、待ち時間に他のアトラクションでゲストアシスタンスカードを利用することはできませんし、他のアトラクションに並んで乗るという行為はしてはいけません。

ファストパスとは併用できる。

ゲストアシスタンスカードとファストパスとの併用は可能とのこと。ゲストアシスタンスカードで待っている間に、ファストパスを取りに行くことが可能なのか気になっていたので分かって良かったです。

 

ちなみに、ゲストアシスタンスカード1枚につき利用できる人数が決まっています。

アトラクション4名(本人+同伴者3名)

キャラクターグリーティング10名(本人+同伴者9名)

グループの人数が上記より多い場合は、同伴者が列に並びアトラクション乗り場で合流する形になるようです。

私たちが行く場合は、大人6人に2歳児1人なので大人2人は通常の列に並ぶ形になるわけですね。

マナーを守ってディズニーランドを楽しむ

今回のディズニー旅行は、前々から計画していた旅行。まさか義妹が妊娠するとは思っていなかったのでディズニー旅行を中止するするか悩みましたが、ゲストアシスタンスカードという存在を知り、妊婦でも使えるということだったので義妹に負担をかけないようにまったりとディズニーランドを楽しみたいと考えています。アトラクションの長い待ち時間もゲストアシスタンスカード利用で他の場所で座って待つことも出来るので妊婦さんでディズニーランドに行きたいと思っている方は活用してディズニー満喫するのもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする