後片付けも楽チン♪フライパンで魚を焼く方法

こんにちは、ひまうさです。

今回は私も活用しているフライパンで魚を焼く方法をご紹介していこうと思います。この方法で魚を焼くとフライパンに焦げ付いたりせずに綺麗に焼くことが出来るのでオススメです!

魚をフライパンで焼くメリット

なんでフライパンで焼くの?グリルで焼けばいいのに。と思う方もいるかもしれません。グリルよりもフライパンで焼くメリットは次のようなことがあります。

  • 魚の煙や匂いが充満しにくい。
  • 後片付けがすごく簡単。

フライパンで焼いた時の大きなメリットはこの2つです。やはりグリルで魚を焼いたときは煙や匂いが充満しがち。もう一つはやはり後片付けが大変だということです。焼き網に魚がこびり付いてしまったり、受け皿に油が頑固で落ちにくかったり意外に面倒だったりします。

フライパンで魚がくっつかずに焼く方法

用意するものは、フライパンとクッキングシートのみ!フライパンにクッキングシートを引くだけなのでとても簡単。実際に焼いていきます。

今回焼く魚は冷凍された鰯の干物。

フライパンの大きさに切ったクッキングシートを引き、凍ったままの魚を並べていきます。

ガスコンロを使用の場合、フライパンからはみ出たクッキングシートは燃えないように切ったほうがいいです。

焼いたときに脂が出やすい魚の場合、油を引かなくても大丈夫ですが、そうでない場合は油を少量クッキングシートの上に引くと綺麗に焼き目が付きますよ。

今回は冷凍された干物だったので、蓋をして中火で焼いていきます。冷凍されていない魚なら蓋はしなくて平気です。

しばらく焼いていくと魚の裏側が焼けてきます。箸などで頻繁に触ると身がボロボロになりやすいのであまり触らないように。いい感じの焼き目になったらひっくり返します。

もう片面も焼き目がつくまで焼いたら完成です!クッキングシートを引いているので魚は焦げ付くことなくフライパンで焼くことが出来ます。

今回は冷凍されて干物で焼きましたが、鮭の切り身やアジの切り身でもなんでも焼くことが出来ます。

魚を食べたくてもグリルを使うのが面倒でも、この方法なら後片付けも楽なので好きなときに気兼ねなく魚を焼く方ができますよ♪

もちろん焦げ付きやすいフライパンしかなくてもクッキングシートさえ引いて焼けば、魚はくっつかないのでどんなフライパンでも焼くことが出来るのでお試しくださいね(*⁰▿⁰*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする