スライスチーズでチーズケーキを作ってみたら大失敗⁉︎失敗の原因を考えてみた

こんにちは、ひまうさです。

先日、母に「職場でスライスチーズで作るチーズケーキを失敗しないで作るのが流行ってるんだけど失敗しないで作れる?」という話を聞きました。

よく話を聞いてみると、一人の人がスライスチーズでチーズケーキが作れるレシピを見つけて作ってみたが失敗。そのレシピをコピーしみんなに失敗しないで作れるか作ってみて。と言う話でした。実際に何人か作って職場に持ってきたようですが、生地が膨らまない。萎んでしまう。生地が2層に分かれてしまう。と失敗続きとのこと。

なんだか面白そうだったので私も実際に作ってみました!

スライスチーズでチーズケーキを作る

<材料>18cm丸型

とろけないスライスチーズ・・・5枚

牛乳・・・200cc

無塩バター・・・70g

薄力粉・・・70g

L卵・・・3個

上白糖・・・70g

※薄力粉はスーパーバイオレットで作りました。

ケーキやパンは趣味で思い立ったら作る私ですが、スライスチーズでチーズケーキは初挑戦。今まで膨らまない、萎むなどの失敗はしたことがなかったので今回も出来て当たり前という気持ちで挑戦しました。しかし結果を先に言うと失敗しました。ちなみにレシピ通りの手順に忠実に作っています。とりあえず作ってみた工程を書いていきます!

スライスチーズでチーズケーキの作り方

①ボールに卵と砂糖を入れ、しっかりとしたメレンゲを作る。ボールを逆さまにしてもメレンゲが落ちないくらい。

②大きめな鍋に、牛乳とスライスチーズを入れ火にかけスライスチーズを煮溶かす。

ゴムベラなどで混ぜながら溶かしていく。ちゃんと綺麗に溶けました。スライスチーズが溶けて牛乳が沸騰したら火を止めバターを余熱で溶かします。

③卵黄を溶きほぐし②に入れ泡立て器で手早く混ぜ、ふるった薄力粉を入れダマにならないように混ぜていく。

④鍋にメレンゲを1/3入れ、泡立て器で均一に混ぜ合わせる。残りのメレンゲを全て入れしっかりと混ぜ合わせる。

クッキングシートを張った型に生地を流し入れ、天板に水をはり、170度に余熱したオーブンで20分。140度に下げて40分焼く。

18cm丸型に生地がギリギリの量なので、余裕を持って20cmの型のほうがいいかも。焼きあがりはこんな感じ。

開けた瞬間いい匂いとこの見た目。

成功した!と思いましたが見るも無残に萎んでいきました。

焼き色は綺麗なのに、見事に萎んだチーズケーキ。冷めるのを待ちカットしてみました。

見えにくいですが断面スポンジではありませんでした。3つの層ができる魔法のケーキが一時話題になりました。スポンジ、カスタード、フランの層が出来るアレです。今回作ったのチーズケーキは、フランのような仕上がりでした。

そしてこれは多分失敗です。

スライスチーズでチーズケーキ。失敗した原因を考える

今回はレシピ通り忠実に作ったわけですが、普段私がケーキを作るときに絶対やらないことをしました。それは卵白と砂糖を同じタイミングで入れてメレンゲを作ったこと。

私が普段メレンゲを泡立てるときは、卵白のコシを切るために少し泡立ててから砂糖を少しずつ2〜3回に分けながらメレンゲを作ります。そうするとふんわりボリュームのあるメレンゲが出来るのですが、今回は泡立ちが悪く重いメレンゲが出来上がりました。

スポンジの縮む原因には、メレンゲの泡立ちが弱い。のが原因。

私の場合も、泡立ちが悪く重いメレンゲになってしまったのでスポンジが縮んでしまったと考えています。

もう一つは、薄力粉にスーパーバイオレットを使用してしまったこと。いつもケーキはスーパーバイオレットを使用しているので大丈夫だと思って使いましたが、案外これが原因だったりするのかな?

今回、スライスチーズでチーズケーキを作って失敗した原因はこの2つなのではないでしょうか。

ちなみに、【スポンジが2層に分かれてしまう】原因は、メレンゲの混ぜ込み時に均一に混ざっていないのが原因。しっかりしたメレンゲを作っているのでしっかり混ぜても大丈夫です。

【表面が割れる】これはメレンゲの泡立てのしすぎが原因。ボソボソのメレンゲは泡立て過ぎなので、滑らかなメレンゲでボールをひっくり返しても落ちてこないくらいがちょうどいいと覚えておきましょう!

最後に。

今回、スライスチーズでチーズケーキを実際に作ってみて見事に失敗したわけですが、すごく悔しいです!

今までスポンジが萎むことがなかったので余計に悔しい。また同じレシピで作り方は少しずつ変えてみてスライスチーズでチーズケーキを成功させたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする